「人類最古段階の長距離航海」を再現する プロジェクト

KIMG0355 (2)

 与那国島で3万年前の舟を復元してきた!
といって、意味が通じるだろうか?
僕自身も3万年前といってもピンと来ないし縄文時代がモダンだという感覚には到底たどり着けるはずもないのだし。
でも、どうやら人類学、考古学の世界では3万年以上前に人類が海を越えて日本列島に移り住んだことが近年の研究でわかっているというのだ!
じゃー、3万年前の舟を復元して実際に航海を再現しようじゃないか!という博物館の研究チームのプロジェクトが立ち上がった。。
簡単に言うとこんな感じだが、本当は世界的に注目されている大真面目な研究だ。
人類学、海洋民族学、海洋考古学、古海洋学、分子人類学、集団生物学、進化人類学、行動生態学、シーカヤックの第一人者、カヤックビルダーの第一人者、探検家、冒険家・・・。日本中のその道の一流の専門家が参加している。
何しろ人類最古の舟を再現して台湾から与那国までの100km以上の海を渡り旧石器時代の時間に触れようとするのだから。
丸木舟、獣皮舟(動物の皮で作る舟)、竹イカダなど先住民が使っている舟が候補に挙がるなか、道具を使わずに長距離航海が可能な葦船(あしぶね)が第一候補となり葦船の専門家の僕が製作者として実際に復元することとなった。
3万年前の舟を復元するのに条件が二つ。一つは現地で手に入る材料を使うこと。もう一つは当時あったとされる道具(簡単な石器や貝殻など)でつくれることだ。
その上で古代の舟を設計しなければならない。責任は重くのし掛かる。
与那国で取れる船の素材は「蒲(ガマ)」を選んだ。秋の終わりにフランクフルトのような穂で有名なあれだ。葦よりも浮力があり手で簡単にちぎることができ与那国の湿原に見渡す限り群生しているのが決め手となった。
そのガマを束ねるのが植物、与那国文化に詳しい地元の方が教えてくれたツタだ。半分に割けば扱いもよく、十分な強度がある。
ガマは十分な浮力があるのは去年実験済み。
あとは、ツタでどうやって船に仕上げるかだ。半年以上考え続けた結果あるイメージが頭で出来上がっていた。ポイントはツタの結び方。いかに強く縛れるか、ゆるまないか、切れないかが重要だ。
あとは葦船つくり20年の経験を駆使し実際に組み上げてみればわかる!
浮かべてみればわかる!
失敗を恐れずまずはやってみる!

12112041_920867924654281_6521376083330630381_n
12208307_920867734654300_3958214637742974341_n
12195977_920868221320918_8024559029887520683_n
3日間かけて試行錯誤の結果、葦船「ナーマ」が誕生した。
地元与那国の祭事のやり方で進水式が執り行われた。
透きとおる無垢の海に古代のロマンを滑らせる。
見事に浮かんだ!
11026212_920868204654253_5460391382512064217_n
12195977_920868211320919_4888033960021322750_n
十分な手ごたえだ。改良の余地はあるものの海を渡れる実感に触れた。
それから、5日間漕ぎ続けいろいろな実験を繰り返しデーターを取った。
草を束ねた古代の舟にまたがって、透明感のある空、海、風に抱かれるのは悪くない。しかも、それが歴史を紐解くことになるのであればなおさらやりがいがある。
今回の旧石器時代の舟作りの再現で僕が感じたことは、おそらく3万年前も今も人間の持っているポテンシャルは変わらないんじゃないかということだ。
限られた条件の中で目標に向けて試行錯誤を繰り返し達成していく。
それは、今も昔も未来永劫変わるまい。
ロマンはエネルギーだ!
そう感じた与那国タイムスリップ・プロジェクトは幕を閉じ、来年までまた計画を練る日々へと姿を変えた。
また、会おう与那国!
来年はこの舟に改良を加え新たな3万年前の古代の舟で与那国から西表島まで漕ぎ渡る計画だ。

*このプロジェクトは現代科学博物館人類学海部陽介氏が提唱する「人類最古段階の長距離航海」を再現する プロジェクトです。
12208433_920868217987585_1971787705882529189_n

海族になろう!葦船作りPECKID’Sキャンプも無事終了!

11218764_861434960631172_5778184817860332272_n

富士山の麓、ふたつの新しいあしぶねが誕生しました!
いつものように完成前に一人ひとりに船の名前はなににする?と、みんなに聞いて回る。
すると4歳の女の子の番が来ていきなり、
「のってぃーのモテキ」と、大声で発表!
参加者は大爆笑の素晴らしい命名!
のってぃーはスタッフの男の子で子供たちに大人気だったのを絶妙に表現!
同様に、もう一艘も
「和尚のwhite love」
と、笑いと共に決定。
そして、誰もが初めて作ったあしぶねがすーっと、精進湖に浮かぶ。
子供も大人もおおきな歓声で手をたたき満足げに瞳を輝かせる。
慣れないながらも、水に浮かぶ喜びが次々とこぼれては湖に伝わる。
それが、うれしい。
そこが、楽しい。
最後にはこの時期には珍しく、雲の中から富士山がフワリと顔を出した。
写真 PEC KID’S・のってぃー、若松節12027567_765775613531637_1396741578647689089_n

12036654_765775836864948_8597395299042930598_n

12036836_765776290198236_6824129852722237611_n

 

12003389_861431437298191_1195944230021926847_n

12037979_765777220198143_3166711491336786748_n

12002780_861436730630995_5238556474004734888_n12004904_861435577297777_5061827048413070258_n

河川愛護シンポジウムin延岡「葦船を作ろう」開催されました!

宮崎で初めてのあしぶねが初々しく生まれた!
名前は「マルカ171」
と、名付けられた!
マルカは伝説の魚「アカメ」の宮崎名。171は僕が日本で生み出したあしぶねの数!
美しい紺碧の空と美しい黄金の舟の誕生がなんて愛おしい!
うん、うれしい時間の人生だ!

11880404_880406935367047_2033896938736694828_n

11873431_880406992033708_3913621247273314545_n

11822627_880407012033706_3097575815367613926_n

11914504_880407155367025_6605656047016466472_n

11888086_880407485366992_2197231714153957281_n

藍場浜公園で開催された徳島ひょうたん島水都祭2015も無事終了!

吉野川であしぶねが生まれそしてみんなも視線を釘付けにして川面を優雅に進んでいました。

11709244_879364368767970_2270238890182902592_n

フル ページ写真11665750_859624667445274_6409155367484558249_n

糸島であしぶね「いとしまる」誕生!

11667453_852199924854415_1720393723488762675_n
命名
「いとしまる」
いい名前だ!
今年も糸島で新しく生まれたアシの舟に出会えた。
去年は「カヤ」は重かったが今年の「いとしまる」はスリムで軽やかにポンと空に浮かぶ。
梅雨空を突き抜けギラリと太陽が照りつけた一日だった。
子供たちもキッチリ1年分大きくなっている。
懐かしい顔ぶれは身内のようで笑顔が柔らかい。
この砂浜から北北西に200km、広がる海の向こうは韓国だ。
このイベントの最終目標は大型のアシ船を作り韓国まで航海すること。
「かつては、国境などなく当たり前のように船で結ばれていた日本と朝鮮半島。
海は文化をつなぐ道だったのです。」
と主催者は語る。
「その象徴としてアシの船で渡りたいんです。」
もちろん準備の時間も資金も必要だ。
それでも、風を待ち、波を読んでいつか必ずたどり着ける気がする。
糸島のこのプロジェクトも未来を見据えてゆっくりだがキッチリと前へとすすんでいるのだ。

11701035_852201111520963_6060135176695189908_n 11223815_852201188187622_7103368794905846177_n11707488_852199984854409_5393427766799968859_n11412328_852201381520936_1519891623052672466_n11540840_852201414854266_8595804559663446952_n11058818_852201444854263_240754057334590427_n11017842_852201058187635_1563201136793572061_n11026126_852201588187582_2009373052466880434_n11692489_852201641520910_7068279244121018803_n11666300_852201524854255_5515890195102552384_n11694081_852201698187571_692299252882278932_n10984139_852201751520899_8967969786023310331_n

あしぶね「すずなり」進水式!

まさに、すずなりだ!
悠久の木曽川に葦船で浮かび笑顔があふれる。
あしぶね「すずなり」もまた幸せそうに川面をかみしめる。
10人以上が乗っても見事な安定感が未来の可能性を魅せる。
時間を超えてあしぶねが舞台となり、舞い、踊り、飲み、歌おう!

11392784_835731946501213_5967437906856728762_n11150938_836325723108502_8644105896942649709_n11401051_836325279775213_3266799665481500586_n11329803_836320696442338_5084934452390232047_n11406776_836320156442392_1066111447590832877_n11392820_836320263109048_4574906057648933402_n

アシ船「すずなり」誕生!

橋の下世界音楽祭で産声をあげた、
アシ船「すずなり」
11111163_830778330329908_7329810737036527090_o
船台作りから完成まで4日間、延べ人数200人以上の人たちが
葦を束ね、ロープを引き、木槌で叩き、生み出した船だ。
手伝った誰もが「すずなり」のお父さんでありお母さん。
74歳のおじいちゃんと4歳の女の子が同じように一緒に作れるのがアシ船の魅力だと思う。
まさに祭りの船だ。
10403349_899670326758653_8055428543787231024_n
祭りといえば神輿(みこし)と相場は決まっている。
音楽祭のトリはTURTLE ISLAND。
夜の帳の落ち切った豊田の超近代的な大きな橋の下で自然を尊重した手作りの祭りが埋め尽くす人々を渦巻きうねりを帯びて盛り上がる!
さぁ、神輿の出番だ!
11351150_995943597082495_4091242435010520440_n
40人の熱い男女が集まり重さ1.5トンを越えるアシ船が宙を浮く!
「行くぜー!」
ああ、人の海の中に葦船が吸い込まれステージの前へ舞う!
ひとはもちろん、それ以外のエネルギーもラセンを描きながら!

アシ船「すずなり」がいのちを解き放つ!

11350607_899903346735351_8447397923023150245_n

11350520_899903396735346_4046289315586919604_n

「すずなり」ちゃんは6/1の木曽川鵜飼川開きで進水式の予定。
http://inuyama.gr.jp/culturalassets-themepark/541

すずなり、夢の波をゆく!

祭りだ!
1662196_1119083138118317_778432643908284381_n (1)
橋の下世界音楽祭で産声をあげた、
アシ船「すずなり」
船台作りから完成まで4日間、延べ人数200人以上の人たちが
葦を束ね、ロープを引き、木槌で叩き、生み出した船だ。
手伝った誰もが「すずなり」のお父さんでありお母さん。
74歳のおじいちゃんと4歳の女の子が同じように一緒に作れるのがアシ船の魅力だと思う。
まさに祭りの船だ。祭りといえば神輿(みこし)と相場は決まっている。
音楽祭のトリはTURTLE ISLAND。
夜の帳の落ち切った豊田の超近代的な大きな橋の下で自然を尊重した手作りの祭りが埋め尽くす人々を渦巻きうねりを帯びて盛り上がる!
さぁ、神輿の出番だ!
40人の熱い男女が集まり重さ1.5トンを越えるアシ船が宙を浮く!
「行くぜー!」
ああ、人の海の中に葦船が吸い込まれステージの前へ舞う!
ひとはもちろん、それ以外のエネルギーもラセンを描きながら!
アシ船「すずなり」がいのちを解き放つ!
「すずなり」ちゃんは6/3木曽川で進水式の予定。

11257150_832453906829017_3456823657815947366_n11351413_832453750162366_6212701189209541017_n11168186_832454020162339_8352687895507424158_n11377077_835500723191002_4964574223601484573_n11206106_832454170162324_5043988237463031831_n10570362_832453663495708_7864941238438997442_n

 

 

 

 

 

第一回「熊野あしぶね祭り」 5月2日(土)~3日(日)開催

熊野あしぶね祭り詳細が決まりました!
今年6年目になる熊野本宮でのアシ船つくり!
今年から「熊野葦舟プロジェクト」から「熊野あしぶね祭り」となり新たな思いで開催されます。
悠久の時間を色濃く残した熊野で葦船に乗り、川をなでる風を頬に受けてみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第一回「熊野あしぶね祭り」
5月2日(土)~3日(日)開催

和歌山県・熊野本宮にてアシ船のお祭りを開催します!
あしぶね作りの第一人者石川仁氏を招き、古代船「アシ船」をみんなで作って乗って熊野川で遊ぶお祭です!
悠久たる熊野の自然を自分でつくったアシ船で体験してみませんか?

日にち:5月2日(土)~3日(日)
場所:JAみくまの本宮支所横 駐車場 和歌山県田辺市本宮町本宮428
料金:12,000円 参加料・宿泊料込み(食事代、温泉代別)
※前日入り、延長1日につき+4,000円
※2 熊野在住の方の参加費は主催団体がが負担しているので宿泊される方のみ4000円。
アクセス:
■大阪方面から
☆JR紀伊田辺駅下車龍神バスで2時間
本宮大社前下車(0739-22-2100)
☆高速バス白浜エキスプレス大阪で約3時間
紀伊田辺駅前下車のち龍神バスで本宮へ(JRバス06-6371-0111)
■名古屋方面から
☆JR新宮駅下車 熊野交通バスで熊野大社前下車1時間20分(0739-22-5104)
■東京方面から
☆羽田~白浜 JALで1時間 明光バスに乗り換え本宮大社前下車 約1時間
☆高速バス 横浜駅東口、新宿駅西口、池袋東口
、大宮駅西口から新宮駅前下車(三重交通059-229-5555)JR新宮駅から熊野交通バスで熊野大社前下車1時間20分

スケジュール:
〇5月2日
13:00~18:00 葦船作り
18:00~19:30 食事、お風呂(温泉)
19:30~22:00 懇親会
〇5月3日
8:00~9:00 朝食&移動
9:00~12:00 葦船乗船会&奉納用葦船作り
12:00~13:00 食事
13:00~15:00 乗船会&奉納用葦船作り
15:00~15:30 片付け、終了
※翌日5月4日は、オプションで熊野古道、熊野三山(本宮大社、速玉大社、那智大社)参拝のツアーあり。

もしくは、本宮から新宮・速玉大社まで葦船で下る予定もあり。
4日 9時~17時 集合場所 持ち物:飲み物、弁当、濡れてもいい服装、着替え、タオル、帽子 詳細はお問い合わせください。
〇申し込み こちらの問い合わせフォームからお申し込みください。
参加申し込みフォーム
〇問い合わせ 090-9345-5370 石川
〇主催 熊野あしぶね祭り実行委員会・一般社団法人ONE OCEAN

石川 仁さんの写真
石川 仁さんの写真
石川 仁さんの写真

人生はパッションだ!

ロサンゼルス無事到着!
レンタカーの左ハンドルが楽しい!
久々の英語まみれがうれしい!
海岸のホテルにチェックイン。まずは晩飯。
ひた走る。見つけた!
20歳の僕、初めての海外、一月半のホームステイ、ホストファミリーとよく行った店、ハンバーガーショップ「Carl’s Jr.」!
そう、青春の証のような「ウエスタンベーコンチーズバーガー!」との再会だ!
dwbc

258x172_Hardees 1_-_00cff7179095
何かが愉快だ!
わらじのようなハンバーガーと、たっぷりチーズ、敷き詰められたカリカリベーコンとオニオンリング。
セットについたバケツのようなコーラとずっしりしたポテトの袋の重さが懐かしい。
今の僕は、アメリカのヤヤコシさがわかる歳になった。
2000カロリー越えのドでかいハンバーガーセットの意味も理解してる。
でも、頭でっかちなそれはそれ。
いまはすべてが自由だった20歳の僕に会いにいこう!
そう、人生は情熱だ!