プロジェクト

kamuna777hp2

カムナ葦船プロジェクトとは?

環太平洋には、数千年続く先住民たちの智慧が今も大切に守られ続けています。
北米、中米、南米、ポリネシア、ミクロネシア、メラネシア、そしてアジア・・・。
環太平洋には、驚くほどに類似した神話や生活習慣、古代の遺跡などが今も残っています。

「海の道」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
太平洋には、北半球は時計回りに、南半球は反時計回りに、ぐるぐると一定した海流が流れています。
その海流をなぞるように、貿易風や季節風が吹いています。
そんな流れに乗って大陸や島々をつなぎ、「海の道」を使った交流が遥か昔にあったと考えることは夢の話でしょうか。
バラバラになった古代から伝わる智慧、そこには現代に生きる私たちが忘れかけている大切な「何か」があるのではないでしょうか。

 

太古の智慧とは、自然と共に生きること。
人間が自然の一部なら、物質文明も自然の一部です。
私たちは今、太古の智慧とテクノロジーがともに手を取り合える未来に旅立つと信じています。

カムナ葦船プロジェクト