プロジェクト

kamuna777hp2

カムナ葦船プロジェクトとは?

環太平洋には、数千年続く先住民たちの智慧が今も大切に守られ続けています。

北米、中米、南米、ポリネシア、ミクロネシア、メラネシア、そしてアジア・・・。

環太平洋には、驚くほどに類似した神話や生活習慣、古代の遺跡などが今も残っています。

「海の道」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
太平洋には、北半球は時計回りに、南半球は反時計回りに、ぐるぐると一定した海流が流れています。

その海流をなぞるように、貿易風や季節風が吹いています。
そんな流れに乗って大陸や島々をつなぎ、「海の道」を使った交流が遥か昔にあったと考えることは夢の話でしょうか。
バラバラになった古代から伝わる智慧、そこには現代に生きる私たちが忘れかけている大切な「何か」があるのではないでしょうか。

ポリネシアやハワイの人々は、星の位置を頼りにカヌーで海を移動していました。
日本でも過去に幾度かの実験航海があり、小さな船ほど安全な航行が可能ということが既に実証されていますが、家族や家畜、食料を運ぶことなどを考えるとそれは現実的とはいえませんでした。
そこで、何人かの学者が主張しているのが、大型の船での航海です。

大型のカヌーを作ることは、レベルの高い製鉄の技術が必要とされるために、古代の技術では困難ですが、葦船なら今も昔も同じ方法で大型の船を作ることが可能です。
ノルウェーの探検家トール・ヘイエルダール博士による、「葦船ラー Ⅱ号」(1970)での大西洋横断、「ティグリス号」(1978)によるティグリス川から
エジプトまでの航海をはじめ、スペインの冒険家キティン・ムニョス氏による、
「ウル号」(1986)、「マタランギ Ⅱ号」(1999)の航海から、葦船が大陸間の航海に十分耐えうるものであり、
古代において民族や文化交流の手段になっていたのではないか?という可能性が既に示されています。

世界の人類学では、南北両アメリカ大陸の先住民は、
ベーリング海峡以外の移住ルートでも渡った事がほぼ確実とされ、
その多くは日本の縄文人やアイヌ民族ではないかとされています。
植物分類学では、多くの野菜や植物が古代人の移動に伴い環太平洋各地に分布したとされています。
少なくとも10000年以上前にベネズエラ原産のサツマイモがニューギニアで食されていました。

また、縄文時代の土器と同じ模様のものが中南米やポリネシアからも見つかっています。
10000年から6000年前、
縄文時代の海洋民族が葦船で太平洋を航海したのではないかと考えられないでしょうか?
学術的な立証には、物的証拠が不可欠ですが、残念ながら古代の葦船が発掘されることはありません。

なぜならば、植物である葦船は、その役目を終えると土に還る船だからです。

このプロジェクトでは、実験航海を続け、かつてない独自の葦船を開発し、外洋航海が可能であること、北太平洋を安全に航行できることを実証したいと考えています。

それが可能となれば、葦船による世界一周も夢ではないかもしれません。
そのような葦船を作ることが出来れば、独自の船の開発というのは古代の船の再現であり、古き記憶を現代に呼び戻す時間の旅でもあるといえます。

太古の智慧とは、自然と共に生きること。
人間が自然の一部なら、物質文明も自然の一部です。

私たちは今、太古の智慧とテクノロジーがともに手を取り合える未来に旅立つと信じています。

カムナ葦船プロジェクト