クラウドファンド開始しました!

注目

いよいよ葦船航海プロジェクト第一弾を始動することになりました!
今回のテスト航海では新しいデザインで葦船を作って、サンフランシスコ湾で帆走性能を高めること。
葦船が持つ自然につながる美しいさを知ってもらうことを目的にしいます。
それが2021年以降に目指す本番の太平洋航海への確実な足かがりにします。

資金は今回のクラウドファンドで1000万円を募りたいと思います。

これはお金の意味だけでなくて仲間たちのエネルギーが集まってプロジェクトが形となればという願いです。

葦船みたいに一本一本の草が束になって船になるイメージを強く持っています。

どうかみなさまのお力添えよろしくお願いします!

期間【11/1 10:0012/25 23:00

クラウドファンディングページはここから

https://readyfor.jp/projects/expedition-amana

11月17日大阪でトークライブやります!

「頼るのは、”風”と”潮の流れ”だけ。
 葦船で、4000㎞の航海へ! 石川仁 トークライブ」

仁さんは、2021年、18mの葦船を製作し、サンフランシスコからハワイまで、4000㎞の航海を計画中です。
スマホやGPSなどは使わず、古代どおり、動力は風と潮の流れのみ、判断は五感で…。

「葦船は、人間以外にも、葦の中に生息する微生物、昆虫、種、菌類も運びます。そして、船底には海藻や貝がつき、そこに小魚たちも集まってついてくる…。船全体が、まるで1つの生態系として、会話・情報交換しながら、海を渡っていくんです」

仁さんの語る、自然の声を聞く力、自分の判断力への信頼感…。葦船航海を通しての古代からの知恵が、いま、新鮮に現代人の私たちの胸に響きます。

日 時 11月17日日曜 
トークライブ 16:00~ (会場30分前より)
    懇親会   18:00~

参加費 講演会のみ ¥1500   
    懇親会  プラス ¥1500 (食事・ソフトドリンクつき アルコール代別途)

場 所 ゲストハウス住吉
    https://www.booking.com/hotel/jp/gesutohausuzhu-ji.ja.html

※懇親会への参加お申込みは、コメント欄よりお願いいたします。
なお、食事の準備のため、懇親会のみ14日までの申し込みとさせていただきます。

【石川仁プロフィール】
探検家 葦船職人・航海士 アマナ号船長
一般社団法人 EXPEDITION AMANA 代表理事

20歳より世界を旅し、自然の中に独りで入り、ともに生きる知恵を学んでいく。
1990年~ 1頭のラクダと共に、単身でサハラ砂漠横断 2,700km
アラスカでエスキモーの獣皮舟作り
南米ジャングルを丸木舟で川下り800km
アンデス・チチカカ湖を葦船で一周など

1997年~2002年 
スペイン人探検家キティン・ムニョス主宰の国連の公式プロジェクトにクルーとして参加。大型の葦船マタランギ号で太平洋・大西洋をのべ13,000km航海。

2005年~
高知県から伊豆諸島まで葦船で日本初の外洋航海。各地で葦船作りのワークショップを主宰。現在までに大小合わせて280艘の葦船を製作。

HP http://jinishikawa.com

主催 竹田佳代 早瀬奈緒美
   池山加奈子 大和絵奈

ttps://www.facebook.com/events/782235818899246/

葦船ワークショップ in 日向

日本神話の里、宮崎県日向で美しい葦船が誕生した。

名前は4歳で参加のアイナちゃん命名の、

あしぶね『ひゅーひゅーが』

今回感じたんだけど、葦船作りワークショップには流れがある。

それは作る場所から伝わってくる流れや、

風や雨や雲の動きから注がれてくる流れ、

作るみんなの心の動きが織り成す流れが何か意思をもっているように単純で複雑に絡み合いながら流れているのをなんだか実感してしまったなぁ。

その流れをコントロールするんじゃなく、自分自身の心の流れを乗せて、いくべき場所に自然と運ばれたような感じ。

晴れた5月のあったかい太陽と、

すーっと降ってさーと上がった雨や、

笑いながら真剣に作るかつて子供だった昭和の大人のみんなと平成生まれの現役の子供たちや、

新緑の山々から溢れだす新しい息吹き。

ああ、こんな風に新しい命が生まれていくんだ。

新しい命が流れを呼びこんでいるんだ。

日向で生まれた葦船に、何か新しい葦船の作り方を教えてもらったとても美しい時間だった。

日本航海協会のみなさんをはじめ、ワークショップを一緒に作り上げたみなさま、ありがとうございました!

数寄丸ちゃんの行方

あっという間に2週間が過ぎたけど、まだまだ心とつながってる葦船「数寄丸ちゃん」
全てが楽しく感動的だった!

そして、東京藝術大学取手キャンパスのイベントでインスタレーションアートとしてお披露目となる!
「取手アートパス2017」 https://torideartpath2017.tumblr.com

来週12月9日(土)は今年最後の葦船作りのワークショップが静岡県修善寺・Tutty Cafeにて温泉付きで開催!まだ、若干空きありです。(一泊1,000円〜)
https://www.facebook.com/events/499140057129341/

どちらも、太古からのいぶき!
ご堪能あれ!

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、子供、屋外画像に含まれている可能性があるもの:21人、、スマイル、立ってる(複数の人)画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)

yahooニュースに掲載されました!

Yahoo!ニュースで『探検家石川仁 講演会』の模様を紹介してもらいました!
たくさんの方に聞いて頂けてうれしいかぎりです。
長崎経済新聞の 田中さん、いつもありがとうございます!

掲載記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000077-minkei-l42.view-000

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内画像に含まれている可能性があるもの:26人、、スマイル、室内

長崎市市民会館主催 長崎いちょう並木フェスタで講演!

長崎市市民会館主催、長崎いちょう並木フェスタで葦船の展示と講演会が無事に開催されました。
地元長崎で3月17日開催される葦船ワークショップと中島川を出島まで葦船で下る長崎葦船プロジェクトのPRを兼ねてやってきました!
講演会では葦船を知らない長崎の方も多くまさに葦船親善大使として熱い語りとなりました!
3月には葦刈りも開催しますので長崎葦船プロジェクトをよろしくお願いします。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、木、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

画像に含まれている可能性があるもの:26人、、スマイル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、木、屋外画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外

東京数寄フェス 上野造船所 最終日!

「数寄丸」という新しい命が生まれた。
同時に僕自身の殻がバリバリ割れる瞬間だった。

今まで250艘の葦船を同じ形で同じ作り方で作り続けた僕にとって、丸い種のようなデザインで葦船を作ることでまったく新しい感覚が芽生えたのだ!

それはチチカカ湖の作り方を伝承するという殻の中に閉じ込められていた
「何にも縛られることなく自由に作りたい!」
という感覚だ。

まさに僕の中での「探検」と「アート」の融合だった!

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、橋、屋外、自然、水

画像に含まれている可能性があるもの:高層ビル、空、屋外、水

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、自分撮り、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:20人、、スマイル、子供、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)、靴、屋外

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、屋外、水

東京芸術祭「数寄フェス」上野造船所葦船ワークショップ第8日目!

竹で船の上の部分を作る作る!
葦船以外の作業は普段はあまりしないのでなんだかすごく面白く新鮮だ。

なんでだろう、上に割竹が被さっただけで別の空気感が船を包み込む。
明日は水に浮かぶのだ。
いったいどんな乗り心地を僕らにプレゼントしてくれるんだろう。
TANeFUNeちゃん、たんじょうびおめでとう!

作業は今日まで!
今日は竹の骨組みに網をかけていきます!
進水式は19日11時から!
担ぎ手募集!

photo:上野造船所画像に含まれている可能性があるもの:15人、、スマイル

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

画像に含まれている可能性があるもの:2人、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:2人、子供、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、バスケットボールコート、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:2人、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、靴、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、バスケットボールコート、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、空、屋外、自然

リーフレット完成!

今までの探検の経歴、葦船の軌跡を載せたものをTokyo数寄フェス 上野造船所で配るために探検家 石川仁のリーフレットを作りました!
作ってくれたのは友人のデザイナー吉良 康矢。
彼とは12年前の葦船カムナ号を一緒に作ってくれてからいくつものパンフレット小冊子を作ってもらっている。
センスのいい、スッキリしたリーフレットは毎日たくさんの方に上野造船所で配られた。
キラちゃん、いつもありがとうね!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:海、空、屋外、水